ミモザ・ガーデンの日記 寂しい夕暮れ

f:id:dancingbrave1986:20201127140147j:plain

さて、京都紅葉見物の旅の終わり

は嵐山、渡月橋です。

このところ、テレビで京都の人出

の多い場所として良く登場しますね。

コロナ禍にもかかわらず、渡月橋

には多くの観光客が訪れています、

なんて。。。

ちょっとは控えなさいよという感じ

がありますね。

f:id:dancingbrave1986:20201127140043j:plain

でも、実際にはそんなに人で溢れて

いる感じはしません。

それに警備の人が密を避けるため、

「立ち止まって写真を撮るには控えて

下さい!」と注意をしているのです。

やれやれ厄介なことですね。

f:id:dancingbrave1986:20201127140224j:plain

橋の袂にきれいに紅葉したモミジ

を見付けました。

立ち止まらずにパチリと一枚。

f:id:dancingbrave1986:20201127135930j:plain

どこかで昼食を取らなくてはと

川沿いの道を歩いていたら、

豆腐料理のこのお店があり

ました。

少し行列が出来ていましたが、

幸いあまり待たずに美味しい

豆腐料理を食べることが出来

ました。

f:id:dancingbrave1986:20201127131205j:plain

席から見える庭の眺めがきれい

でした。

写真はありませんがそば豆腐と

いう緑色をした豆腐が珍しく、

美味しかったです。

f:id:dancingbrave1986:20201127140646j:plain

嵯峨野の通りはかなりの人出で

賑わっていまいした。

ここには長居は無用ということ

で、直ぐ嵐電に乗って京都市

に戻りました。

f:id:dancingbrave1986:20201127161004j:plain

それからがちょっと大変でした。

二条大橋の近くにある漬物屋が

美味しいと聞いてきたのですが、

肝心の二条大橋に中々辿り着き

ません。

道を尋ねたら、鴨川の畔の道を

辿って行きなさいとのこと。

f:id:dancingbrave1986:20201127160558j:plain

この道、初めて歩きました。

土の道で、時々自転車に乗った人

が通ります。

季節の良い時には良い散歩道なの

でしょうが、初冬の夕暮れには殆ど

人を見かけません。

f:id:dancingbrave1986:20201127161857j:plain

岸の近くにはきれいな水が流れる

疎水もありました。

f:id:dancingbrave1986:20201127160744j:plain

やっと二条大橋に辿り着いて橋の

上からもう一度鴨川の道を眺め

ました。

寂しい夕暮れの道だったなあ。

華やかな紅葉とは大違いだった。

まあ、この夕暮れの寂しい眺め

が今の自分の心象風景に近いの

かもしれません。

f:id:dancingbrave1986:20201127163904j:plain

最後にやっと探していた漬物屋が

見つかりました。

京つけもの 加藤順というお店

です。

小さなお店で少し驚きましたが

知る人ぞ知る美味しい漬物のお店

だそうです。

f:id:dancingbrave1986:20201125152703j:plain

それでは最後に今回の紅葉見物の

ベスト・ショットを。

やはり永観堂のモミジですかね。


はてなブログランキングに参加

しています。

下のURLをクリックして一票を

投じて頂ければ幸いです。

https://blog.with2.net/link/?1021998