ミモザ・ガーデンの日記 日本人の草花愛

f:id:dancingbrave1986:20201211140214j:plain

京橋のアーティゾン美術館で開催

されている「琳派印象派」と

いう展覧会に行って来ました。

下の解説に書いてあるように、

琳派の作品の中でも最も多いのは

草花を題材にしたものだそうです。

f:id:dancingbrave1986:20201211140143j:plain

f:id:dancingbrave1986:20201211141250j:plain

そんなこと知らなかったなあ。

目の前にその絵を見ると本当に

可愛らしい草花が描かれてます。

琳派の絵に草花の絵が多いのは

多くの人が草花の絵に魅了され

需要が多かったからだそうです。

f:id:dancingbrave1986:20201211140253j:plain

 江渡時代17世紀から19世紀に

描かれた草花の絵。

当時から日本人が草花を愛して

いたことが窺われます。

f:id:dancingbrave1986:20201211135602j:plain

琳派は17世紀初めの尾形光琳

18世紀初めの俵屋宗達によって

京都の町人文化として生まれ、

19世紀初めに酒井抱一等に

よって、江戸に受け継がれた

装飾的な都市文化。

一方、印象派は19世紀後半の

パリを中心にレノワール

マネやモネ等によって生まれた

ヨーロッパの都市文化。

大都市ならではの洗練された

美意識を比較するという企画

の美術展だそうです。

f:id:dancingbrave1986:20201211131333j:plain

石橋美術館は改築のため閉館

となっていたのですが、今年の

1月に再オープンしました。

改築前に来たことがありますが、

すっかり様変わりした建物になり

ました。

入館にはウェブサイトで日時指定

の予約が必要です。

f:id:dancingbrave1986:20201211141425j:plain

これは尾形光琳立葵の絵です。

立葵は江戸時代から植えられ、

愛されていたのですね。

f:id:dancingbrave1986:20201211142723j:plain

 印象派の絵は当美術館の豊富な

コレクションが展示されていま

す。

ピサロゴッホドガ、マネ、

モネ、ドガルノワール

セザンヌ等々です。

f:id:dancingbrave1986:20201211142641j:plain

琳派の絵も良いのですが、やはり

馴染みのある印象派の絵に足が

向きます。

f:id:dancingbrave1986:20201211142625j:plain

こういう絵を眺めているだけで

気持が晴々とします。

本当にこの美術館のコレクション

は素晴らしいですね。

f:id:dancingbrave1986:20201211140809j:plain

モネの睡蓮の絵ですね。

ジヴェルニーの庭が懐かしく

想い出されます。

はてなブログランキングに参加

しています。

下のURLをクリックして一票を

投じて頂ければ幸いです。

https://blog.with2.net/link/?1021998