蘇る遠い想い出

f:id:dancingbrave1986:20210216140421j:plain

これは今日行った日本橋高島屋

屋上の庭園のバラです。

屋上にはローズガーデンがあり

ますが、殆どの株は冬枯れでした。

それでも、2、3株だけバラの花が

残っていました。

f:id:dancingbrave1986:20210216140326j:plain

広い庭園には殆ど人がおらず、

静まり返っていました。

冬のバラは冬薔薇(ふゆそうび)

と呼ばれていますね。

谷村新司の歌「群青」の歌詞に

も冬薔薇という言葉が登場します。

 

野辺に咲きたる一輪の

花に似て 儚きは人の命か

せめて海に散れ 想いが届かば

せめて海に散れ 心の冬薔薇

f:id:dancingbrave1986:20180515113619j:plain

冬薔薇は寂しいですね。

バラは花の盛りが華やかだから、

余計に寒い冬空の下で咲いている

冬薔薇が侘しく見えるのでしょう。

これは5月のミモザガーデンのバラ

です。

 やはり花には見頃がありますね。

まあ、人間も同じですが。

f:id:dancingbrave1986:20190513115757j:plain

こうして華やかに咲いている時

には、いつか厳しい冬が訪れ、

枯れてしまうなんて考えません

からね。

シニア・ガーデナーはバラでは

ないので、冬薔薇ではなくて、

ただの枯れ草かなあ。。。

と、冬薔薇を見ながら暫し考え

こんでいました。

f:id:dancingbrave1986:20210216133247j:plain

高島屋では美味しいパンだけ買い、

目の前の丸善に行きました。

f:id:dancingbrave1986:20210216134553j:plain

3階のギャラリーを訪れるためです。

ここには現役の頃にはランチの後に

度々訪れました。

小さなギャラリーで、短時間で見る

のには調度良いのです。

f:id:dancingbrave1986:20210216133555j:plain

今日まで「熊谷守一と巨匠版画展」

を開催中でした。

f:id:dancingbrave1986:20210216133930j:plain

これは荻須高徳さんのリトグラフです。

荻須画伯は生涯の殆どをフランスで

過ごされました。

今から60年も前のこと、グルノーブル

という町にシニア・ガーデナーは独り

留学中でした。

偶々、ご家族で旅行中の荻須画伯と

カフェでお会いし、お声をかけて下さ

ったのです。

f:id:dancingbrave1986:20151226220425j:image

当時のグルノーブルの光景です。

当時は日本人の留学生は稀だったので

励まして下さったのだと思います。

荻須画伯の名前はその時は存じ上げ

なかったのですが、温かいお言葉が

嬉しく、とても励みになりました。

f:id:dancingbrave1986:20210216133916j:plain

それから15年ほどが経ち、シニア・

ガーデナーはある銀行のパリ駐在員

となりました。

そして、日本大使館でのパーティで

荻須画伯とお目にかかる機会があり

ました。

15年前にグルノーブルでお会いした

話をし、改めて励ましの言葉にお礼

を申し上げました。

画伯はニコニコと話を聞いて下さり、

会ったことを覚えているよと言って

下さいました。

今日、画伯の絵を見ながら遠い日を

懐かしく想い出しました。

f:id:dancingbrave1986:20140626032709j:image

画伯は1986年に亡くなり、墓地は

生涯の大部分を過ごされたパリの

モンマルトルにあるそうです。

 

はてなブログランキングに参加

しています。

下のURLをクリックして一票を

投じて頂ければ幸いです。

https://blog.with2.net/link/?1021998