今いくたびか

f:id:dancingbrave1986:20190506150424j:plain

午前中の雨が昼過ぎには上がって、日が差して

きました。

 

咲き始めたスパニッシュ・ビューティの花が

次々に綻びそうです。

 

f:id:dancingbrave1986:20190506132352j:plain

雨の露がまだ乗っているつぼみです。

 

f:id:dancingbrave1986:20190506133502j:plain

今年はマーガレットの花が良く咲いています。

 

f:id:dancingbrave1986:20190506132623j:plain

 

  風の中 マーガレットの 花暮れず

      成瀬 正俊

 

マーガレットの花言葉は、「恋占い」、

「真実の愛」です。

 

f:id:dancingbrave1986:20190506132859j:plain

引っ越しのため、本棚の本を整理していますが、

中々思い切って本を捨てることが出来ません。

 

今日も文庫本の白州正子さんの名著「西行」を

手にして、「うーん、これは捨てられないよ」

と元に戻してしまいました。

 

ぱらぱらと拾い読みしていると良い歌が沢山

あります。

 

 春ごとに花に心をなぐさめて

 六十路(むそじ)あまりの年を

 経にける   

     西行

 

f:id:dancingbrave1986:20190506150140j:plain

六十年以上も自分を慰めてくれた桜の花に感謝

しつつ、桜とともに老いて行く己が姿をいとし

んでいるような感じがすると白州さんは解説

しています。

 

 わきて見ん老木ははなもあはれなり

 今いくたびか春にあふべき

      西行

 

 とりわけ心して眺めたい、老木は花も

 あわれだ、これから一体何度春に逢う

 ことが出来るのだろう

 

f:id:dancingbrave1986:20190506145708j:plain

二首とも本当に身に沁みる歌です。

六十路どころではなく、もう八十路に近づいて

いるのですからね。。。

 

そして果たして今いくたびのかの春に逢うこと

が出来るのだろうと切に思います。

 

人気ブログランキングに参加しています。

下のURLをクリックして一票を投じて下されば

幸いです。 

https://blog.with2.net/link/?1021998