花を惜しむこころ

f:id:dancingbrave1986:20211130114154j:plain

大沢池の周囲を歩いている時に見た

赤と黄色のコントラストが見事な紅葉

です。

立ち止まって暫く見惚れていました。

f:id:dancingbrave1986:20211130113852j:plain

その近くにあったこの石碑。

何やら花のことが書かれています。

f:id:dancingbrave1986:20211130113833j:plain

隣りに立てられている看板の字を読み

ました。

 

 花を惜しむこころは

 いったい何なのだろ

 いくつ齢をかさねたら

 こころはしづまり

 ひとり酒汲む静寂に

 住むことができるのか

 今日も嵯峨御所から

 花信が飛びこんできた

    臼井喜之助

臼井喜之助は昭和の初めの京都の詩人

だそうです。

何となく心に沁みる詩だなあ。

f:id:dancingbrave1986:20211130122617j:plain

 花を惜しむこころは

 いったい何なのだろ

 いくつ齢をかさねたら

 こころはしづまり

というこの部分ですかね。

いくつ齢をかさねたら。。。という

ところがシニア・ガーデナーの心に

響きます。

 

今回初めて訪れた嵯峨野の宝筐院。

あまり期待していなかったのですが、

素晴らしい紅葉のお寺でした。

f:id:dancingbrave1986:20211130122548j:plain

室町幕府2代目将軍足利義詮菩提寺

だそうです。

小さな寺院なのですが、庭中紅葉に

覆われています。

f:id:dancingbrave1986:20211130123006j:plain

部屋の中から眺める紅葉がとても

きれいでした。

f:id:dancingbrave1986:20211130123048j:plain

まるで額の中の絵のようですね。

f:id:dancingbrave1986:20211130123024j:plain

カメラを持った人が皆このフォーカス・

ポイントで写真を撮ろうとしているの

で、誰もいなくなった瞬間を捉えて

シャッターを押します。

f:id:dancingbrave1986:20211130123326j:plain

京都の紅葉の名所はあちこち訪れたと

思っていましたが、まだまだ知らない

所があります。

f:id:dancingbrave1986:20211130122714j:plain

今回もバスに乗って近くまで行き、

後は全て徒歩で回りました。

f:id:dancingbrave1986:20211130122649j:plain

秋の京都散歩(成美堂出版)という

ガイドブックがとても役に立ちました。

f:id:dancingbrave1986:20211130123329j:plain

去年に比べると紅葉見物の観光客は

かなり増えていて、永観堂などの有名

スポットはかなりの人出でした。

でも、以前のように外国人観光客の姿

は全くなく、一時期とは大違いです。

f:id:dancingbrave1986:20211130124344j:plain

毎日紅葉の話ばかりで、ガーデニング

と関係ないじゃないか!とお𠮟りを

受けそうですが、暫く我慢して下さい。

 

はてなブログランキングに参加

しています。

下のURLをクリックして一票を

投じて頂ければ幸いです。

https://blog.with2.net/link/?1021998