The voice of love

f:id:dancingbrave1986:20220108150444j:plain

今日から世の中は3連休。

ずっと連休中のシニア・ガーデナーには

関係ないのですが。

心配なのはコロナの感染の拡大が止まら

ないことですね。

毎日、新規感染者の増大に歯止めがかか

らず、本当にイヤな感じです。

f:id:dancingbrave1986:20220108150459j:plain

そんな中で、今日は有楽町に映画を見に

行きました。

有楽町の大きなユニクロのお店には、

UNIQULO FLOWERという花屋さんが

ありました。

f:id:dancingbrave1986:20220108150436j:plain

ユニクロなので花の値段もリーゾナブル

な感じがしました。

今日は見るだけで買わなかったのですが。

f:id:dancingbrave1986:20220108153945j:plain

今日見た映画は「ヴォイス・オブ・ラブ」

というセリーヌ・ディオンの半生を描いた

映画です。

カナダのケベックで、14人兄弟の末っ子

として生まれ、スーパースターとなった

彼女の生い立ちや年の離れた夫との愛、

子育てなど知らなかったエピソードが

数々のヒット曲と共に描かれた映画です。

f:id:dancingbrave1986:20220108151149j:plain

セリーヌ・ディオンは好きな歌手の1人

ですし、数々のヒット曲が流れて大変

面白い映画でした。

この映画の監督、脚本、主演はフランス

ヴァレリー・ルメルシエというスター

が1人で努めています。

f:id:dancingbrave1986:20220108152102j:plain

映画が始まるまで時間があったので、

銀座を少し散歩しました。

銀座の街からはもう雪がすっかり、

消えていました。

f:id:dancingbrave1986:20220108151256j:plain

銀座は今はセールの季節のせいもあって、

かなりの人出でした。

まあ、オミクロン株などあまり気にしな

いということでしょうか。

f:id:dancingbrave1986:20220108151801j:plain

そういうシニア・ガーデナーもその一人

ですけどね。

もちろん感染予防のルールは守って行動

はしていますが。

f:id:dancingbrave1986:20220108152119j:plain

「マイ・ハート・ゴー・オン」

「オール・バイ・マイセルフ」等

セリーヌ・ディオンは英語のヒット曲

が多いのですが、カナダのフランス語

地域生まれの彼女は、英語が子供の頃

は話せなかったそうです。

世界で活躍するには英語が出来なくて

はいけないということで、ベルリッツ

に通って英語を勉強するシーンがあり、

興味深かったです。

 

はてなブログランキングに参加

しています。

下のURLをクリックして一票を

https://blog.with2.net/link/?1021998