レンタカーでコッツウオルズ見物

人気ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックして、応援して下さいね。


今日は、一日中雨が降り、気温も低めでした。

夕方になって、濃い霧も出て着て、雨が降り

続いています。



先日、ブレナム宮殿見学の記事で、コッツウオ

ルズ見物にはレンタカーが一番と書きました。


今日は、この時のコッツウオルズ巡りについて、

もう少し詳しく書いて見ます。


オックスフォードでレンタカーしたのは、この

写真のプジョー307です。とても運転しやすい、

良い車でした。


イギリスは、日本と同じで、車は左側運転です

から、運転はしやすいですね。


特に、田舎に行けば、車が少ないので、運転は

楽です。

英国人の運転のマナーは、総じて規則が良く守ら

れていて、あまり危険な感じはしません。


オックスフォードを出て、先日紹介したブレナム

宮殿を見学した後に、田舎道を走って、ヒド

コット・マナー庭園を見物。


コッツウオルズの庭園の中でも、人気のある庭園

で、この日もかなりの見物客で賑わってました。


この庭園は、ロレンス・ジョンソンという人が

20世紀の初めから、40数年を費やして造った、

いわゆる現在のイングリッシュ・ガーデンの

先駆的な庭園と言われています。


庭園には、生垣で仕切られた28の空間があります。

その他に、この写真のロング・ウオーク(150

メートル)のような気持ちの良い緑の空間があり

ます。


それまでの英国式風景ガーデンから、まるで野に

咲くように花が植えられた自然らしさが大切に

される、個人庭園を造った点が、先駆者たる所以

だそうです。


今見るイングリッシュ・ガーデンは、眺めるだけ

の庭園から、自然を大切にして、自分で庭を造る

ことを目指して生まれてきた庭園なのだそうです。


次に行ったのがキフツゲートコート庭園です。

この庭園も、親子三代にわたる女性が造り上げた、

コッツウオルズの代表的な庭園として有名です。


親子三代にわたって、才能のある女性が造り上げ

ていった庭園は、とても見ごたえがあります。


小高い丘にあるため、見下ろすとコッツウオルズ

の田園地帯を眺めることが出来ます。


二つの庭園を見るだけで、時間がかなりかかり

ます。

他にも、コッツウオルズには、沢山の庭園がある

のですが、とても全部を見ることは出来ません。


庭園の他にも、ボートン・オン・ザ・ウオーター

などの美しい村の見物もありますしね。


一泊二日で、バイブリーやストラッド・アポン・

エーボンなども見て、オックスフォードまで戻り、

車を返しました。


自分で運転して、行き先を探しながら行く旅は、

楽ではありませんが、他には替え難い楽しみが

あります。