枯葉よ

f:id:dancingbrave1986:20211110162448j:plain

もうビオラの花が咲く季節ですね。

もちろん盛りは春ですが、今のビオラ

は耐寒性があって冬の間も良く花が

咲きます。

これは「ど根性ビオラ」ではありまん。

f:id:dancingbrave1986:20211110162606j:plain

植え替えたミモザの木は手前の黒い

プランターに植えられています。

まだ樹の幹は細いのですが、背丈が

どんどん伸びています。

あまり調子に乗ると台風や積雪で幹や

枝がおれてしまうよ。。。

もういっぱい花芽が付いています。

あと3か月もすれば花が咲き始めます。

f:id:dancingbrave1986:20211104144203j:plain

このペチュニアのような花、名前が

分からないので、google lenseで検索

したら、カリブラコア属の花だそう

です。

と言われても良く分かりませんが。

f:id:dancingbrave1986:20211110150945j:plain

今日は午後から散歩に出ましたが、

いつも通る道には落ち葉が一面に

散っています。

f:id:dancingbrave1986:20211110151007j:plain

枯葉というとシャンソンの枯葉だけ

れど、今までに何度も引用している

からなあ。

まあ、名曲は何度聞いても良いから

また引用するかな。

枯葉はジャック・プレヴェールの作詞、

ジョセフ・コスマ作曲のシャンソン

イヴ・モンタンジュリエット・グレコ

エデイット・ピアフなど多くの歌手が

歌ってますね。

モンタンの枯葉が一番良いかなあ。

f:id:dancingbrave1986:20211108153051j:plain

英語でも、ナットキング・コールの歌

を良く聞きます。

ナットキングコールの歌はとても素敵な

のですが、英語版の枯葉の歌詞は単なる

失恋の歌になってしまっているのが残念

です。

f:id:dancingbrave1986:20211110150915j:plain

日本語の枯葉は岩谷時子の訳詞で、

越路吹雪さんの歌でヒットしました。

日本語の歌詞もやはり去って行った

恋を嘆き悲しむ歌となっています。

岩谷時子さんですから素晴らしい詩

なのですが。

f:id:dancingbrave1986:20211110150431j:plain

じゃあ、フランス語の歌詞とはどこが

違うのかということですが、そのカギ

は詩のイントロの部分あると思います。

イントロ部分を日本語にしてみます。

 

 思い出しておくれ

 私たちが恋人だった幸せな日々を

 あのころは人生はもっと美しく

 太陽は輝いていた

 

 枯葉が塵取りに掃き集められる

 分かるかい 僕は忘れていないよ

 枯葉は塵取りに掃き集められる

 そして思い出も後悔も。。。

 

 そして北風が皆運び去ってしまう

 冷たい忘却の夜へと

 分かるかい 僕は忘れていないよ

 君が歌ってくれた歌を

f:id:dancingbrave1986:20211110130018j:plain

ここまでがイントロで、その後にサビ

の部分が始まります。

 

その歌はまるで僕たちみたいだ

君は僕を愛し、僕は君を愛していた

僕たちは二人揃って一緒に暮らして

いた

僕を愛していた君、君を愛していた僕

 

しかし人生は愛する人たちを引き裂く

音もたてずに ひっそりと

そして海は別れてしまった恋人たちの

砂の上の足跡を消し去ってしまう

f:id:dancingbrave1986:20211110151012j:plain

ということで、単なる失恋ではなく、

人と人との愛の儚さ、人生の儚さを

歌っていることが原作の作詞の特徴

です。

「しかし人生は愛する人たちを引き

裂く、音もたてずに ひっそりと」

という無常観が良いところだと思い

ます。

あー、またシャンソンの講釈をしたい

なあ。

 

はてなブログランキングに参加

しています。

下のURLをクリックして一票を

投じて頂ければ幸いです。

https://blog.with2.net/link/?1021998